有料老人ホームとは? 種類や特徴を詳しく解説

有料老人ホームと一口にいっても、介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームなどさまざまな種類があります。どんな違いがあるのか、また入居条件や費用などについても詳しく解説していきます。

有料老人ホームとは

 有料老人ホームとは、どんなところかご存知でしょうか。
有料老人ホームは、高齢者にとって住みやすいよう配慮された住まいで、食事や介護の提供、また家事支援や健康管理などのサービスが提供されています。
老人福祉法を根拠としており、常に1人以上の老人が入所して、介護等のサービスを提供することを目的とした施設で、介護等のサービスを提供することを目的とした施設での老人福祉施設とは異なります。
有料老人ホームへ入居した高齢者の尊厳は守られ、福祉の向上を図ることと規定されています。

 有料老人ホームでは、どのようなサービスが受けられるでしょうか。
介護が必要な高齢者に対して、毎日の食事の提供のほか、入浴や排泄または食事などの介護サービスの提供、洗濯や掃除などの生活の支援、また健康管理をはじめとした医療サービスを行っています。
有料老人ホームは、これら1つ以上のサービスを提供する必要があります。
それ以外にも、体調や生活の不安について相談を受けてくれる支援などがあり、入居した高齢者が、心身の健康を保持して、安心して生活を送るために必要な措置が行われています。

 有料老人ホームの立地条件については、交通の便利なところであったり、災害への安全性が保たれていたりするところが主です 。入居者が外出するにあたって、交通機関がないなど不便があるような地域に立地しないよう、運営基準に定められています。

 有料老人ホームに入居した高齢者が、どういったかたちで介護等のサービスを受けるのか、また入居した高齢者のライフスタイルなどによって施設の種別が異なります。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

 有料老人ホームには一般的に、上記の3つの種類に分かれます。

有料老人ホームの特徴

 有料老人ホームには先述したように、3つの種類があります。中でも介護付き有料老人ホームは、入居者の状態によって、主に 介護専用型と混合型の2つの型があります。

 各々の施設の特徴については、次の表を参考にしてください。
表の見方は、要介護度別のところは、要介護・要支援認定を受けた場合、あるいは自立の場合に入居できるか否かを示しています。入居対象となる場合は○、入居対象とならない場合は×となります。
加えて料金について、また受けられる介護や医療、食事といったサービスについての有無を表記しています。

 それではこの表を参考にしながら、次に介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームそれぞれの違いや特徴についてみていきましょう。

介護付き有料老人ホームの特徴

 介護付き有料老人ホームの特徴としては、介護職員が24時間常駐しており、夜間帯でも対応してくれる職員がいるということが挙げられます。
介護付き有料老人ホームの自分の居室で暮らしながら、専門の職員によって介護サービスを受けられるのが、介護付き有料老人ホームのメリットといえるでしょう。

 介護付き有料老人ホームの職員の配置としては、入居する高齢者3名に対して職員が1名以上であって、介護職員または看護職員が配置されることとなっています。
看護職員については、日中1名以上が常駐。加えて協力医療機関も指定されているため、日中入居者に体調不良などがあって、医療的な処置が必要な際も迅速な対応が可能です。
このほか施設内にはケアマネジャーや生活相談員、またリハビリテーションを実施する機能訓練指導員なども勤務しているため、質の高い介護を受けられることが期待できます。

 介護付き有料老人ホームは民間の事業者が運営しており、個々の入居者のニーズに応じたさまざまな工夫が施されています。
それぞれの介護付き有料老人ホームによって特徴が異なり、カラオケや外出などレクリエーション活動に力を入れている施設もあれば、旬の食材が食べられるなど食事に力を入れている施設もあります。
ですから入居希望の高齢者が介護付き有料老人ホームを選ぶ際には、その介護付き有料老人ホームにどういった特色があって、自分が生活する上で合っているのか、きちんと情報収集を行って見極める必要があるのです。

 しかし介護付き有料老人ホームは全国で3,308件に及ぶ(「平成25年度有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究」全国有料老人ホーム協会)など数が多く、自分に合った施設を探すのには時間がかかります。
その代わり、施設の数が多いということは、定員割れしていて入居しやすい施設もあるということです。
重要事項説明書の内容を確認したり、自宅近隣に介護付き有料老人ホームがある場合は施設の中を見学して雰囲気を味わうなど、自分に必要な情報収集を行いましょう。
なお、重要事項説明書は、事業所に直接問い合わせるか、各自治体のホームページなどで確認してください。

住宅型有料老人ホームの特徴

 住宅型有料老人ホームの特徴としては、毎日の食事が提供されること、また掃除や洗濯などといった、入居者が生活していく上で必要な家事などのサービスを受けられることが挙げられます。

 入居者はそれぞれの居室で生活しますが、住宅型有料老人ホームの職員が安否確認も行ってくれるため、万が一何かあった際も安心です。
また、もし入居者が介護を必要とする状態になった場合、入居者自身が希望すれば地域にある介護事業所等からサービスを受けることができます。在宅での介護と同じように、訪問介護や訪問看護など、自分にとって必要なサービスを選択できます。

 介護保険を利用してサービスをうけるための上限金額を介護付き有料老人ホームと比較すると、住宅型有料老人ホームの方が上限金額を多く設定されています。
そのため、 要介護度が高くなると費用が膨らむので注意が必要です。

 住宅型有料老人ホームでは、レクリエーション活動が比較的充実しています。お茶会や外出など、入居者同士が交流を楽しむための余暇活動に力を入れている施設が多いようです。

 購入すると、身体に合わなくなったり福祉用具の状態が悪くなった場合には、また新たに別のものを購入しなければならないなどのデメリットが考えられます。

 一方、住宅型有料老人ホームでは、福祉用具を購入ではなく介護保険でレンタルすることができます。そのため車いすや杖など、入居者自身の身体の状態に応じて福祉用具を使い分けることが可能です。
状態が変化して、別の形の杖が必要になったという場合でも、使用している杖は返却して、別の杖をまたレンタルするというサービスが受けられます。
また修理や交換などにおいても、購入と比較すると安易に行えるというメリットがありますし、福祉用具事業者による定期的なメンテナンスが受けられる場合もあります。

健康型有料老人ホームの特徴

 健康型有料老人ホームの特徴は、毎日の食事提供などに加え、掃除や洗濯といった家事の支援、また安否確認などが職員によって行われます。

 住宅型有料老人ホームとの違いは、介護が必要となった時には、契約を解除して退去しなければならないということです。
健康型有料老人ホームではあくまでも介護を必要としていない、自分のことは自分でできるという高齢者を入居対象にしているためそのような対応となりますが、病気などによって急に介護が必要な状態になることも考えられます。
そのような場合に突然退去となっても、次に行く場所がなかなか決まらないなどといった事態が想定できます。健康型有料老人ホームへの入居については、そういったデメリットも考えて慎重に選ぶ必要があるといえるでしょう。

有料老人ホームの入居条件

 それでは介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームそれぞれの入居条件についても詳しくみていきましょう。

介護付き有料老人ホームの入居条件

 介護付き有料老人ホームの入居条件は、各施設が自由に設定しています。年齢については一般的に、60歳以上や65歳以上である高齢者を対象としている施設が多いようです。

 介護付き有料老人ホームのうち介護専用型については、要介護認定において要介護1以上と認定された方が対象で、要支援1や2、もしくは自立している方は対象外となります。
また混合型については、要介護認定を受けていない方も入居の対象となります。自立から要介護5までと、受け入れの幅が広いのが特徴です。
例えば夫婦で介護付き有料老人ホームに入居したいという場合、夫婦のうちどちらかが要介護で、もう一人が自立であっても、この混合型の施設であれば夫婦一緒に入居できるというメリットがあります。

 認知症の有無については対応可能となっていますが、重度の認知症の場合には受け入れが困難な可能性もあります。事前に介護付き有料老人ホームへ状態を伝えておきましょう。

住宅型有料老人ホームの入居条件

 住宅型有料老人ホームの入居条件も、それぞれの施設によって異なります。
自立から要支援・要介護の高齢者を対象としているところがほとんどですが、要支援からなどの条件を設けている施設もあります。
要支援や要介護認定を受けている高齢者は、外部の事業所から介護等のサービスを受けて生活することが可能です。

 しかしながら入居する施設によっては、重度の要介護状態であったり、重い認知症を持っていたり、または医療依存度の高い方などは対象とならない場合がありますので、事前に住宅型有料老人ホームへ確認しておきましょう。
また入居時は元気でも、将来的に重度の要介護状態となるなどすると、施設側が対応困難と判断して、退去しなければならないケースも考えられます。
その辺りも確認しておくとよいでしょう。

健康型有料老人ホームの入居条件

 健康型有料老人ホームの入居基準は、基本的に介護を必要としておらず、自分で自立した生活を送ることのできる高齢者が対象となります。

 食事などの提供はありますが、介護サービスは提供されないため、介護が必要な状態になったり、認知症を発症した時には退去しなければならないという条件があります。
そのため、将来も考えて入居を決めることが必要です。健康型有料老人ホームについては、全国的にも件数が少ないため、入居したい場合は所在地などの情報を前もって調べておきましょう。

【有料老人ホームの入居条件 注意事項】

 介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームそれぞれの入居条件について解説しましたが、年齢や介護状態、認知症の有無などについて、それぞれの施設によって入居条件が異なる場合があります。
条件の詳細については、必ず各施設へ事前に確認しましょう。

有料老人ホームの費用

 ここでは介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームそれぞれの費用について解説します。

介護付き有料老人ホームの費用

 介護付き有料老人ホームでは、施設入居の時にかかる入居一時金と、毎月かかる月額費用とがあります。

 入居一時金とは家賃相当額のこと。介護付き有料老人ホームで終身にわたって暮らしていくための家賃相当額に関して、全てまたは一部を入居前に一括して支払うことです。
介護付き有料老人ホーム入居時に、入居一時金を一部支払っておくことで、毎月の家賃が軽減されるというメリットがあります。
入居一時金の額は施設によって異なり、0円から1,000万円を超えるところもありますので、入居希望の介護付き有料老人ホームへ費用の確認をしておきましょう。

 この入居一時金ですが、入居者が入居していた期間に応じて返還される制度があります。償却期間を満了する以前に死去したか、または退去した時はその残金が返還されることになります。

 このほか介護保険サービス以外の実費分を一括して支払ったり、敷金を支払ったりする有料老人ホームもあり、その内容はまちまちです。敷金については、家賃の6ヶ月に相当する額が上限となっており、退去する際に居室の原状回復費用などを除いた額が返還されることとなります。
原状回復の際の費用負担等については、国土交通省住宅局の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」などを参考にして、トラブルに巻き込まれないよう注意しましょう。

 毎月支払う月額費用については、まず家賃があります。入居する時にその一部を一括して支払うのであれば、その残り金額を月額に分けて支払っていきます。
家賃については、入居希望の介護付き有料老人ホームの近隣にある同種の住宅における家賃と比較して、大きく上回らない額であることと規定されていますので、相場を調べておくことも大切です。

 また毎日の食費や日常生活費、管理費やおむつ代、介護保険の1~3割負担などについて毎月支払う必要があります。なお、介護付き有料老人ホームの場合は、要介護度に応じて介護サービス費が一定です。
病院などの医療機関を受診する場合は、別途その費用も掛かるので、たとえいまは元気であっても将来的な可能性を考えて、その分も見積もっておいたほうがよいでしょう。

 月額費用は、入居する施設によって金額は異なりますが、15万円から30万円ほどが目安です。
介護サービスが充実していたり、食材にこだわっているなど、個性のある施設もありますが、その反面費用が高く設定されていることが考えられます。
入居前には、費用の確認をしっかり行うようにしてください。

 このほか、介護保険以外のサービスを別途利用する場合はその分実費がかかってきます。
どういったサービスが保険対応であるか、あるいは実費になるのか確認しておきましょう。

住宅型有料老人ホームの費用

 住宅型有料老人ホームについても、介護付き有料老人ホームと同様に、入居一時金や毎月の月額費用がかかります。入居一時金は入居する施設によってさまざまで、0円から1,000万円を超えるところもあります。
家賃を一括して前払いしてしまうか、それとも月々分割して払っていくのか考えて選択しましょう。

 住宅型有料老人ホームに入居する期間が長くなると、償却が完了してしまい返金されなくなります。返金はされませんがその後の家賃は不要となるため、長期の入居を想定するのであれば、入居一時金を一括して支払ってしまう方がよいかもしれません。
反対に長期の生活が難しいと思われる場合は、月々支払っていく方が適しているといえそうです。

 月額の費用については、15万円から30万円ほどが目安となります。
なお、介護保険による1~3割負担について、上限金額が介護付き有料老人ホームよりも多めに設定されており、上限まで介護サービスを利用すれば、その分支払う費用も多くなります。
また上限金額を超えた分については、全額自己負担となってしまいますので注意しましょう。

健康型有料老人ホームの費用

 健康型有料老人ホームにおいても、入居する施設によって入居一時金があるところとないところとあります。
月額の費用については、介護サービス費等はなく、毎月の家賃や管理費、食費や水道光熱費などといった項目について支払いが発生します。
月額の費用は15万円から30万円ほどが目安となりますが、余暇活動にかかる実費などは施設によって異なります。どんなところにお金がかかるのかを明確にして計画的な金銭管理をすることが必要となるでしょう。

有料老人ホームの介護

 ここでは介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームそれぞれの施設で受けられる介護サービスについて解説します。

介護付き有料老人ホームの介護

 介護付き有料老人ホームは、特定施設入居者生活介護の指定を受けている有料老人ホームであり、介護職員が施設に常駐して介護サービスを行う仕組みです。

 ここで特定施設入居者生活介護について解説します。
特定施設入居者生活介護は、有料老人ホームや軽費老人ホーム、養護老人ホームなど厚生労働省令で規定されている施設に入居している要介護者等を対象にしています。 特定施設サービス計画に基づいて、入浴や食事などの介護や整容(洗顔・歯磨き・爪切りなど、身だしなみを整えること)といった日常生活における支援を行います。介護保険の対象となるサービスです。
要支援者に対して行われるものは、介護予防特定施設入居者生活介護といいます。

 人員基準や設備基準等がきちんと定められているほか、緊急ややむを得ない状況を除いて身体拘束を行ってはならないなどの方針もあり、安心できる環境で介護サービスを受けることができるといえそうです。
このほかにも看護職員による健康管理や、相談援助、家族との連携、緊急時の対応を含む協力医療機関等との連携、非常災害時についての対策、衛生管理等について、方針が定められています。

 また計画作成担当者としてケアマネージャーが配置されています。
介護付き有料老人ホーム内において、多職種間と情報共有された上で作成されたケアプランに基づいて、介護職員や看護職員等によってサービスが提供されることになります。

 介護職員は24時間常駐しているため、夜間帯においても緊急時等対応が可能です。
また機能訓練指導員が1人以上配置されており、個々の入居者の身体状況やニーズに応じて、生活の中で機能訓練が実施されています。
いずれにおいても、入居者の自立を支援するという目的で支援が行われています。

 なお、有料老人ホームの中で特定施設入居者生活介護の指定を受けているのは、介護付き有料老人ホームのみです。

住宅型有料老人ホームの介護

 住宅型有料老人ホームは介護付き有料老人ホームとは異なり、生活支援等のサービスが主です。そのため、介護を必要とする入居者は、地域の介護サービス等に申し込む必要があります。

 住宅型有料老人ホーム内において受けられるサービスとしては、安全に生活できるための見守りや、毎日の食事の調理と提供、また掃除や洗濯といった家事の支援に加えて、緊急時に医療機関と連携を図るなどがあります。
こういったサービスだけでは、日々の介護に対するニーズを満たすことができません。入居者が介護サービスを必要としている場合には、介護保険を利用して、入居者自身が訪問介護や通所介護など外部の事業者を選択します。
中には、住宅型有料老人ホームにデイサービス等が併設されているところもあり、入居者自身が見学しやすいなどのメリットがあります。

 住宅型有料老人ホームでは、入居者の身体状況やニーズに応じて、必要としている介護サービスを選択できるというのが特徴です。訪問介護や訪問看護、訪問入浴介護、通所介護(デイサービス)、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、小規模多機能型居宅介護など、必要に応じて選ぶことができます。

健康型有料老人ホームの介護

 健康型有料老人ホームについては、自立した高齢者が入居対象となっており、介護が必要になったら退去する必要があります。
そのため、介護サービスは行われていません。

有料老人ホームの医療

 ここでは介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームそれぞれで受けられる、医療サービスについて解説します。

介護付き有料老人ホームの医療

 介護付き有料老人ホームは、特定施設入居者生活介護の指定を受けており、常勤の看護職員(正看護師または准看護師)を1人以上配置しなければならないと規定されています。

 看護職員はそれぞれの入居者について、毎日の健康管理のほか服薬管理も行います。
また医師の指示に基づいて、入居者の胃瘻(いろう)などの医療的ケアを行なったり、状態変化などの際に医療機関等へ連絡して情報提供を行うほか、家族への連絡、また受診の手続きや通院介助などの支援が行われます。
このほか介護付き有料老人ホームには、協力医療機関が定められていることも義務となっていますので、医療に対する体制も整備されています。

 基本的に看護職員が施設で勤務しているのは日中のみとなるため、夜間に対応するのは介護職員です。夜間入居者が状態著変などになり、緊急時対応が必要になった場合は、まず介護職員が対応し、オンコール対応を行っている施設であれば看護職員へ電話にて連絡します。
介護職員からの報告を受けて、看護職員が指示を出したり、場合によっては出勤して緊急時の処置等を行ったりします。
施設によっては、24時間看護師が常駐しているところもありますので、医療依存度が高い入居者の場合、事前に施設へ確認しておくのがよいでしょう。

 介護付き有料老人ホームへ入居した際に一度、また入居した後にも定期的に健康診断が受けられます。
有料老人ホームでは衛生管理についても、施設内で感染症が蔓延することのないよう、保健所の感染対策マニュアルを参考にするといった対策が練られるなど、保健所の指導に基づいて、必要な措置が講じられています。

住宅型有料老人ホームの医療

 住宅型有料老人ホームでは看護職員の配置について、決まりがありません。そのため入居する住宅型有料老人ホームによっては、看護職員を配置していないところもあります。
その場合であっても入居者が希望すれば、在宅と同じように他事業所から訪問看護サービスを受けることができます。訪問看護師は、入居する住宅型有料老人ホームに対してサービス中の情報提供を行ったり、状態によって協力医療機関との連携をとるなど便宜を図ったりします。
ただし、外部事業所からのサービスとなるため、営業時間を確認しておくことと、緊急時の対応はどこまで行ってくれるのかなどについて、事前に確認しておく方がよいでしょう。

 眼科や皮膚科など、入居者自身が希望して通院することも可能ですが、入居者の通院時の送迎を家族が行わなければいけない施設もありますので注意しましょう。

 また入居する住宅型有料老人ホームによっては、リハビリテーション専門の職員が配置されている場合があります。
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが勤務していて、リハビリテーションに力を入れているところもありますので、リハビリテーションを希望している入居者は、施設でどういったリハビリが受けられるのか、また費用についても確認してください。

健康型有料老人ホームの医療

 健康型有料老人ホームでは自立した高齢者が入居対象となっており、看護職員の常駐等も基本的にはありません。
健康型有料老人ホームの職員は、各入居者の安否確認は行いますが、医療的処置等は行いません。
そのため入居者が病気などによって医療機関を受診する必要がある場合には、健康型有料老人ホーム職員の対応が困難であるところもあり、自分でもしくは家族等へ依頼し、交通機関等利用して医療機関を受診する必要があります。

有料老人ホームの食事

 ここでは介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームそれぞれの施設で提供される食事について解説していきます。

介護付き有料老人ホームの食事

 介護付き有料老人ホームの食事は、それぞれの入居者の咀嚼力や嚥下機能などによって、食べやすく調理するといった工夫が施されています。
咀嚼力や嚥下機能に問題がない健康な方が食べる食事は、煮物や肉、魚料理といった一般の家庭の食卓で食べられるようなものが主です。

 入居する介護付き有料老人ホームによっては、食事に対して特色を打ち出しているところもあります。
月に数回バイキング形式の食事提供を行い、入居者がさまざまな食材を楽しめるような工夫があったり、地元の食材にこだわった献立が提供されたり、中には月に数回程度外食に出掛けて、老人ホームの中だけではなくて、入居者が外の雰囲気を味わい楽しめるような工夫がされているところもあります。
そのほか、入居者の好みに応じて、ご飯食とパン食を選べるような配慮がされている施設もあります。

 一方で、糖尿病や高血圧などにより、食事制限を必要とする入居者に対しても配慮がされています。栄養士や調理師が、糖尿病食や減塩食などその方に合った食事内容を考えて調理してくれます。
ですが、入居する介護付き有料老人ホームによっては、提供が難しいところもありますので、持病があってそのような食事を必要としている方は、施設に事前に確認しておきましょう。

 また噛む力が弱い、歯がないため歯茎を使って食べているような高齢者に対しては、柔らかいソフト食などの提供もあります。
例えばハンバーグは、まずミキサーなどで砕いて、その後改めてハンバーグの形に成形して見た目を整えます。一度砕いてあるので、普通のハンバーグと比べても柔らかく、噛む力が弱い高齢者でも食べやすいことや、見た目も普通食に近いのが特徴です。
飲み込むための嚥下機能が低い高齢者に対しても、食材を食べやすいように一口大に刻んだり、ミキサーにかけたりして、飲み込みがしやすく誤嚥しないような工夫をしてくれる施設もあります。

住宅型有料老人ホームの食事

 住宅型有料老人ホームの食事についても、介護付き有料老人ホームと同じような食事提供が受けられます。入居者の状態に応じて調理方法を工夫するなど、介護付き有料老人ホームとの大きな違いはないと思われます。

 健康な高齢者が食べる普通食のほか、ソフト食やきざみ食といった介護食、また治療食の提供を行ってくれる施設もあります。
住宅型有料老人ホームによっては、入居の前に見学を受け入れている施設もあり、その際に実際に施設で提供している食事を試食できるところもあります。自分の好みに合うかどうか、見学して試食してみるのがよいでしょう。

 介護付き有料老人ホームと同様に、食事に力を入れている住宅型有料老人ホームでは、家族が一緒に食事を食べられるような配慮があったり、入居者の目の前で職人が寿司を握ったりしてくれるなどのイベントを行っているところもあります。

健康型有料老人ホームの食事

 健康型有料老人ホームでも、上記の介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームと同様に、毎日の食事提供サービスが受けられます。
ただし、健康型有料老人ホームは、介護を必要としていない高齢者が入居条件となっているため、ソフト食やきざみ食といった介護食のほか、治療食などの提供は行なっていません。

有料老人ホームの設備

 ここでは介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームそれぞれの設備について解説していきます。

介護付き有料老人ホームの設備

 一般的に一昔前の老人ホームの居室は、大人数の部屋が主流で、カーテンで仕切られただけのプライバシーにあまり配慮がない作りとなっていました。しかし近年では、個人の空間に配慮するため個室が増えてきています。

 介護付き有料老人ホームの居室面積は、13平米以上と規定されています。
居室の広さや、何が用意してあるかは入居する介護付き有料老人ホームによって異なります。介護用の電動昇降ベッドを設置してあったり、居室の中にトイレや洗面所などが整備されたりしている施設もあります。中には電磁調理器のついたキッチンがあって、簡単な調理が行えるもあります。

 2人用の居室を用意している施設であれば、夫婦で共に介護付き有料老人ホームに入居したいというニーズにも答えることが可能でしょう。
2人用の居室の場合は、その分居室も広めにとられているので、 ゆったりとした空間で夫婦一緒に過ごすことができます。

 介護付き有料老人ホーム内においては基本的にバリアフリーとなっており、高齢者が段差でつまずくことのないよう、安全に配慮した作りとなっています。
トイレが居室にない場合には共用スペースに設置してあり、入居者が交替で使うかたちになります。
トイレ内には緊急通報装置が設置されているので、万が一何かあった際もすぐに職員が駆けつけてくれるなど、迅速な対応が可能です。

 食事を食べるなど、入居者がみんなで過ごすリビングは、家庭的な作りの施設も増えています。テーブルは、車いすでも楽に食事ができるよう低い作りになっていたり、立ち座りしやすい椅子が配置されていたりします。
食事以外にも、作品作りなど余暇活動を楽しめるように空間が整備されています。

 洗濯や浴室については、共用となる施設が多いようです。
洗濯物は介護職員等が集めて洗濯し、乾燥機にかけて入居者に返すなどしています。浴槽は家庭にあるような個浴のほか、介助用の機械浴がある施設もあります。立位が困難で浴槽がまたげないといった方でも、ストレッチャーなどに乗って介護職員の介助を受けながら安楽に入浴が行えます。

 そのほかにも機能訓練室が設置してある介護付き有料老人ホームではリハビリテーションを行うことができたり、健康管理室といって入居者の健康相談などを行なったりすることもできます。

住宅型有料老人ホームの設備

 住宅型有料老人ホームの設備についても、施設によってさまざまとなっています。
居室の広さは13平米からとなっており、介護付き有料老人ホームと同様の広さが考えられますが、住宅型老人ホームのほうが狭めの傾向にあるようです。

 入居する住宅型有料老人ホームそれぞれで特色があって、カラオケやマージャンなど娯楽設備を充実させている施設があったり、売店などちょっとした買い物ができる工夫がしてある施設もあります。
住宅型有料老人ホームへ入居する高齢者自身が、ライフスタイルに合わせて、どのような環境で生活したいかよく考えて選ぶことが大切といえるでしょう。
また設備の充実度によって、毎月かかる費用も異なってくるため、設備と金額とよく照らし合わせて選びましょう。

 その他の設備についても介護付き有料老人ホームと同様に、家庭的な雰囲気を大事にして整備されているところも多いようです。
事前に施設内を見学できる施設もありますので、住宅型有料老人ホームへ入居する前には見学をして、設備等について確認しておくことも大切です。

健康型有料老人ホームの設備

 健康型有料老人ホームの設備は、介護を必要としない高齢者の住まいであるため、アパートのような作りを想像するとよいかもしれません。
トイレやキッチンなどがついた個室や、リビングや共用の浴室などの設備が整えられています。入居する健康型有料老人ホームによっては、温泉がついていたり、娯楽施設が充実していたりする施設もあります。

エリアから有料老人ホーム・介護施設を検索する

オアシスナビ×ハートページは、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・特別養護老人ホームなどの検索をはじめ、
デイサービス・訪問介護・居宅介護支援などの全国の介護施設が検索できる介護のポータルサイトです。
施設検索のほかに、介護に関する情報満載の介護マガジン「介護の知恵袋」なども運営しています。
介護についてお困りの方はぜひ一度「オアシスナビ×ハートページ」をご利用ください。