介護付き有料老人ホームとは?
特徴・メリット・費用から探す

介護付き有料老人ホームとは

「介護付き有料老人ホーム」は、介護保険が適用される「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設です。基本、施設内のスタッフから生活・介護サービスが提供されます(*1)。

有料老人ホームは、主にこの「介護付き有料老人ホーム」と、「住宅型有料老人ホーム」の2種類(*2)。全国で入居可能な人数(定員数)は、介護付き有料老人ホームの方が多く、「有料老人ホーム」の形態としてはもっとも一般的。
以下の3タイプに分かれています。

  • 自立段階から入居できる「入居時自立型」
  • 介護の必要な方向けの「介護型」
  • 自立の方も介護が必要な方も入居できる「混合型」

3タイプいずれも、介護が必要になっても最期まで安心して過ごせる施設といえます。

*1) 厳密には、施設のスタッフがケアプラン作成から介護まですべてを行う「一般型特定施設入居者生活介護」と、ケアプラン作成や安否確認、生活相談は施設のスタッフ、介護は老人ホームが委託した外部の介護事業者が行う「外部サービス利用型特定施設入居者生活介護」に分かれます。後者はごく少数です。今回は、「一般型特定施設入居者生活介護」のケースとしてご説明します。

*2)厳密には有料老人ホームにはもう1種類「健康型有料老人ホーム」があります。食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設で、介護が必要となった場合には、契約を解除し退去しなければなりません。有料老人ホーム全体の中でもごく少数のため、今回は省略しています。

介護付き有料老人ホームの入居の条件

要介護の方が入居することが前提となっています。
要支援の方や、自立の方から受け入れる「入居時自立型」や「混合型」もありますが、すべてではないので、必ずその老人ホームの詳しい情報を確認しましょう。

また高齢になると、ほとんどの方がなんらかの疾患を抱えるようになります。胃ろうなどの経管栄養、インシュリン投与など、医療面のケアが必要な場合、すべての介護付き有料老人ホームが対応できるわけではありません。看取りについても同様で、ホームでは対応できないところもあります。ホームが対応可能かどうか事前に確認が必要です。

なお、認知症の場合、ほとんどの介護付き有料老人ホームは受け入れ可能です。ただし、症状の内容によっては対応できない場合や、入居後に退去するよう要求されてしまう場合もあります。これもホームへの事前確認が必要です。

入居可能年齢は、60歳以上など制限がある場合があります。介護を受けることが前提になるため、サービス付き高齢者向け住宅などに比べ、入居者の年齢や要介護度は高めです。

介護付き有料老人ホームの特徴~介護・医療・サービス

食事や入浴、排せつ、洗濯、掃除、レクリエーションなど、日々の暮らしの中で常時、生活支援や介護のサポートを受けることができます。入居者は個々に外部サービスを申し込む必要はなく、介護保険サービスは施設内のスタッフから受けることができます。介護スタッフはもちろん24時間常駐しています。

また、ほとんどの介護付き有料老人ホームには、看護師も常駐しています。常駐時間は日中だけというケースが大半ですが、最近では、24時間看護師が常駐するホームも増えています。胃ろうや在宅酸素、たんの吸引などの医療を受けている人も利用しやすく、ホームでの看取りに対応する施設が過半数。“見守り”も、医療面のケアも充実しています。

また、介護保険外のサービス(役所手続きの代行や、趣味の外出の付添など)も、入居者にきめ細やかに対応するためにメニューに取り入れている施設もあります。 (費用は別途発生)

介護付き有料老人ホームの特徴~居室・個室

介護付き有料老人ホームでは、普段生活する居室は個室が中心ですが、中には相部屋があるホームもあります。また、普段生活する居室以外にも、病院からの退院直後などに頻繁に様子を見てもらえる専用居室(一時介護室)を、別途用意しているホームもあります。

個室は、「入居時自立型」では広めで浴室付き、「介護型」はワンルームタイプで浴室は共用、「混合型」はその中間といった傾向があります。

介護付き有料老人ホームの入居のメリット

一口に「介護付き有料老人ホーム」といってもそのタイプはさまざまで、数も多くあります。選択肢が豊富で、それぞれの高齢者にフィットしたホームが選びやすいといえるでしょう。

<家族にとって>

  • 常時介護で、何かあったらすぐに連絡がくるので安心できる
  • レクリエーションに力を入れている施設も多く、生活の楽しみも与えられる
  • トレーニング機器など健康維持やリハビリのための設備を備えている施設も多い
  • 近隣の医療機関と提携し、医療ケアに対応する施設も多い

<高齢者にとって>

  • 常時介護や生活支援をしてもらえるので、家族がいなくても安心して生活できる
  • レクリエーションも行っており、毎日の散歩や趣味の活動を楽しむことができる
  • 共有スペースがあり、気が合う入居者同士のコミュニケーションを楽しめる
  • 胃ろう管理などもしてもらえ(対応するホームなら)、対応体調が悪い時などにも対応してもらいやすい

介護付き有料老人ホームの利用の料金

「初期費用」と「月額利用料」がかかります。民間事業者が提供する施設なので、施設の場所(立地)や設備、スタッフの数などによって大きな違いがあるのが特色です。

初期費用とは、主に入居金、入居一時金や入居申込金と呼ばれます。そのお金は、施設協力金、終身利用権、保証金といった費用に当てられます。

◆金額の目安…ゼロ円から数千万円。「入居時自立型」の中には数千万円のものもあり、大きな幅があります。

月額利用料とは、毎月、介護付き有料老人ホームに払う費用。家賃、管理費、食費、水道光熱費などです。ただし、何が月額費用に含まれるのかはホームによって異なりますから、しっかり確認する必要があります。

◆金額の目安…十数万円から三十万円程度です。

なお、ホームに支払う月額利用料とは別に、介護サービス費(自己負担分)、医療費、おむつ代、趣味や娯楽費用などが発生します。年金支給額ギリギリの月額利用料のホームに入居してしまうと、生活がままならなくなります。注意しましょう。

料金は、基本的に、初期費用と月額料金の組合せ。多くのホームは、複数の料金プランを用意しています。
たとえば、以下のようなものです。

  • 入居時の費用はゼロ円で、その分、月額の費用が高くなるもの
  • 部屋別(個室か大部屋か、広さの違いなど)のプラン
  • 入居時の年齢によるプラン
  • 入居期間を1年、3年など限定したプラン

プランによっては、終の棲家としてではなく、「特養が空くまで」、「同居の準備が整うまで」、といった利用も可能です。

介護付き有料老人ホームの入居・退去・契約について

入居契約は、分譲タイプや賃貸タイプの契約とは異なり、「終身利用権」を取得する形式が一般的です。具体的には、入居時にまとまった一時金を支払い、それとは別に月々の利用料を支払うというもの。
長く住むことを前提にした考え方ですが、実際には短期の利用になることもあるので、そうした場合には一時金が返還されるのかどうかを事前に確認しておきましょう。

気に入るホームを見つけたら、見学だけでなく、体験入居をしてみることがおすすめ。建物の仕様だけではなく、サービスの内容、スタッフの働き方、一日の暮らし方もチェックできるからです。
いずれにしろ、現地に足を運び、自分の目で確認することはとても大切です。

エリアから有料老人ホーム・介護施設を検索する

オアシスナビ×ハートページは、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・特別養護老人ホームなどの検索をはじめ、
デイサービス・訪問介護・居宅介護支援などの全国の介護施設が検索できる介護のポータルサイトです。
施設検索のほかに、介護に関する情報満載の介護マガジン「介護の知恵袋」なども運営しています。
介護についてお困りの方はぜひ一度「オアシスナビ×ハートページ」をご利用ください。

オアシスナビ×ハートページ オアシスナビ×ハートページ