グループホームの特徴・メリット・費用

グループホームとは

グループホームは、「認知症対応型共同生活介護」とも呼ばれます。その名のとおり入居の対象になるのは、認知症の人。介護スタッフのサポートを受けながら、5~9名前後の少人数単位で共同生活を行います。
地域に密着した家庭に近い環境で、入居者の能力に応じて洗濯、掃除、食事の準備の手伝いなどをして暮らす形態。自立に近い形で、家事などの役割を持ちながら生活することにより、認知症の症状を緩和したり、進行を遅らせるなどの狙いもあります。

施設のある市区町村の住民であることが条件

地域密着型の介護施設であるグループホームの入居者は、基本的に当該グループホームのある市町村の住民であることが条件です。このため、慣れ親しんだ地域で、少人数による家庭的な環境で過ごせるところが大きなポイントです。
「(認知症で)一人での生活には不安がある」という独居の方や、一定の介護が必要なものの「遠く離れた場所ではなく、地域の中で暮らしたい」という人などに向いているといえます。

増え続ける認知症の高齢者。グループホームの利用者数も増加傾向

認知症の高齢者の数は、増加の一途。団塊の世代が75歳以上になる2025年には、65歳以上の高齢者のうち5人に1人が認知症となり、その数は700万人を超えるとも予測されています。
このため、グループホームの利用者数も平成14年度の2.4万人から、平成24年度年には17.3万人に。10年でなんと9倍です。この数は、今後もさらに増えていくと予測されています。

グループホームの入居の条件

以下のすべての条件にあてはまる人が対象です。

  • 当該グループホームの市区町村に住民票がある
  • 要介護度が「要支援2」以上
  • 医師から認知症の診断を受けている
  • 原則65歳以上

そのほかグループホームによっては「自分の身の回りのことができる」「感染症にかかっていない」「(極端な暴力行為や自傷行為などがなく)共同生活に適応できる」といった条件を課す場合があります。

グループホームの特徴~介護・医療・サービス

食事や洗濯、掃除、入浴、排泄介助など、生活に必要なケアを受けることができます。入居者は外部サービスを申し込む必要はありません。個々人の必要性に応じ、施設内のスタッフからサービスを受けます。介護スタッフは24時間常駐です。

認知症の人は、大人数で人の出入りが多いような環境では落ち着いて生活しにくいといわれています。
認知症の進行をできるだけ遅らせるためには、適度な刺激はありつつも、なじみのある地域で、気心の知れた少数のスタッフや入居者と家庭的な環境で心穏やかに過ごすことが有効とされています。
グループホームは、まさにこうした環境を提供するものです。

認知症の症状を緩和し、「残存能力」を活かす介護

認知症とは、あらゆることがわからなくなるのではなく、部分的な記憶力などが失われる病気です。したがって、健常な部分も“残存”しています。この残存能力を見極め、生かしながらできるだけ症状の進行を遅らせるようにしていくのが、グループホームでの介護のポイントになります。

認知症に詳しい介護スタッフによる認知症ケア

グループホームの介護スタッフの多くが、認知症についての知識を学んでいます。そういったスタッフが、見守りや日常生活のサポート、機能訓練、緊急時の対応などを行うので、安心度高く任せることができるでしょう。
園芸療法や音楽療法など、専門的な認知症ケア技術を取り入れたグループホームも少なくありません。

医療ケアが必要になったら…?

グループホームには、看護師がいないことがほとんどです。そのため、医療面でのケアが必要になった場合、退去しなければならないこともあります。

グループホームの特徴~居室・個室

居室は個室が基本で7.43㎡以上(和室4.5畳に相当)。トイレや浴室は共同で使用します。そして、食堂やリビングなどの大きめの共有スペースが必ずあるところが特徴的。
日中は、この共有スペースに集まって、洗濯物をたたむ、食事の準備をする、おしゃべりやゲームをする、など自宅と同じような生活をして過ごします。

共同生活を行う単位(ユニット)は、多すぎず少なすぎない5~9名。共有スペースを囲むようにして個室が並びます。
大きめのグループホームであれば、施設内に、複数のユニットがあり、それぞれのユニット単位で共同生活を行います。

グループホームの入居のメリット

認知症の人のためのホームであることと、地域密着で家庭的、というところに大きなメリットがあるといえるでしょう。

<家族にとって>

  • 認知症の親を安心して託すことができ、自分自身の介護の負担が減る
  • 認知症に詳しいプロによる、症状を緩和させるケアが期待できる
  • 親に小規模で穏やか、家庭的な環境で過ごしてもらえる
  • 家事などのできる能力は活かし、自宅に近い感覚で生活をしてもらえる
  • 入居者全員が認知症なので、他の入居者への気遣いが少なくて済む

<高齢者にとって>

  • 慣れ親しんだ地域から離れずに済む
  • 家事なども手伝いながら、自宅に近い感覚で生活ができる
  • 少人数の同世代の人と、レクリエーションなどもしながら楽しく過ごすことができる
  • 子ども世帯などに世話をかけずに済む
  • 日常生活の工夫や機能訓練などで、症状をできるだけ進行させずにいられる
  • 自分の症状を理解し、気持ちをわかってくれるプロと過ごすことができる

グループホームの利用の料金

運営するのは、社会福祉法人、医療法人、民間企業などさまざま。施設によって費用には幅があります。
相場としては、一般的な特別養護老人ホームよりは高め、介護付き有料老人ホームよりは安め、といった感じです。
多くの場合、「初期費用」と「月額利用料」がかかります。

●初期費用の目安:0~百万円

保証金や、入居一時金、申込金などの名目で発生します。退去時には一部返還されるケースが多いので、契約時にしっかり確認してください。なお、なかには初期費用が0円のグループホームもあります。

●月額費用の目安:15~30万円

グループホームに毎月払う月額費用として、家賃、食費、水道光熱費などがかかります。

上記の、ホームに支払う月額費用とは別に、介護施設サービス費(自己負担分)、医療費、理美容費、オムツ費など日常生活で必要となる費用が発生します。

なお、グループホームの介護施設サービス費は、訪問介護などのように、サービスを利用した時間や内容で金額が決まるのではありません。要介護度により、1日単位で金額が固定されています。

グループホームの入居・退去・契約について

入居については、所定の書類による手続きが必要となります。特に医師による認知症の診断書が必須となるのが、ほかの介護施設などとは違うところといえます。

要介護度が重くなったり、認知症やほかの疾病が進行して共同生活が困難になった場合、また医療ケアが必要になった場合は退去しなければならないホームもあります。入居前によく確認しておくことが必要です。

なお、認知症の高齢者が増加の一方ということもあり、グループホームの供給が追い付かず、入居まで数年待ち、という自治体もあります。待機人数や期間は早めに確認しておきましょう。

エリアから有料老人ホーム・介護施設を検索する

オアシスナビ×ハートページは、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・特別養護老人ホームなどの検索をはじめ、
デイサービス・訪問介護・居宅介護支援などの全国の介護施設が検索できる介護のポータルサイトです。
施設検索のほかに、介護に関する情報満載の介護マガジン「介護の知恵袋」なども運営しています。
介護についてお困りの方はぜひ一度「オアシスナビ×ハートページ」をご利用ください。

オアシスナビ×ハートページ オアシスナビ×ハートページ