有料老人ホーム 介護施設の種類

有料老人ホーム 介護施設の費用

目的・条件に合う老人ホームを探す

良い老人ホームの共通点

入居までの流れを知る

失敗しない施設選びのヒント

老人ホームの悩み・疑問

老人ホームの基礎知識

介護保険を解説

老人ホーム・介護施設のレクリエーションはなぜ必要?

老人ホームのレクリエーション
近年、介護施設や老人ホームにおいても、レクリエーションの大切さが強く認識されるようになっています。 日々の生活は単調になりがちなのですが、レクリエーションを積極的に取り入れることで、生活にはうるおいが出ますし、高齢者の生きる意欲を向上させることにもつながるのです。
レクリエーションが心身に与える効果や種類について、見ていきましょう。

レクリエーションとは

昔から、衣食住の三要素が生活の基礎と言われてきました。老人ホームへの入居で、まずこれらの三要素は確保されます。
しかし、より快適で楽しい暮らしのためには、衣食住以外の要素を充実させることも必要であり、喜びや生きがいを満たすものとして、レクリエーションが注目されています。

レクリエーションとは、気晴らしや娯楽、余暇といった意味をもつ英語のrecreationが、そのまま日本語化したものです。単語のもとの意味は、こわれたものを作り直すという「再創造」。
これが、疲れを癒やして元気を取り戻すという、今日広く使われている意味に転じました。

娯楽だけではないレクリエーションの効果

レクリエーションへの参加は楽しいだけではありません。娯楽としての要素以外には、参加者にどのような効果をもたらしているのでしょうか。
介護を必要とする高齢者に対するレクリエーションがもたらす効果について、いくつかの研究結果が発表されています。

要介護度3から5の高齢者3名に対し、30分程度のレクリエーションを2ヶ月間、週2~3回実施して、その前後で2つの指標を比較してみた研究(*1)があります。
結果としては、機能的な評価は全員一定程度の改善が見られました。意欲面でも全員に改善が見られたのですが、要介護度が高い人ほど改善の幅が大きいという結果でした。

他にも、グループで個別レクリエーションを実施し、その効果を測定した研究結果(*2)があります。
本人の希望、趣味、職歴などを加味し、書き物、歌、作品づくりのどれかを選んでもらい、それを10名ずつの3グループで実施しました。活動は1回45分で週3回、期間は半年で、1ヶ月ごとにいくつかの指標で効果を測定しました。
結果としては、歌については有意な機能上昇を認めました。歌は認知症の進行予防のみならず、改善も期待できるレクリエーションであると報告されています。 作品づくりや書き物については、全体的な好影響は認められなかったものの、参加率が高く積極的な人には、認知機能の上昇を見ることができたようです。

ひとつめのレポート内に「心が動けば身体も動く」という表現があるほどに、レクリエーションは参加者のコミュニケーション能力や意欲の向上につながっています。短期的にはADL(日常生活動作)の改善は見られなかったものの、長期的には改善をもたらす可能性も指摘されているのです。

また、施設の入居者・利用者の状況が改善することは、施設で働くスタッフたちにとってもよい影響をもたらします。
普段見ている利用者の姿からは見えない面に気づくきっかけとなり、個々の利用者にとって、最善の介護は何かを見つけるための、大切なヒントを得ることができるのです。

介護など、生活上のサポートが必要になっても、より自分らしく生きるために。レクリエーションが果たす役割は大きいといえるでしょう。

レクリエーションの種類

レクリエーションにはさまざまな種類がありますが、一番わかりやすい分け方は、「身体を動かすもの」「頭を使うもの」「両方を使うもの」という分類です。
もう少し細かく分けると、指先を動かすものや、音楽あるいは映画鑑賞といった視覚や聴覚を用いるものもあります。

公益財団法人日本レクリエーション協会のホームページを見ると、300種類ほどのレクリエーションが紹介されており、「介護レク」「認知症レク」というジャンルには、それぞれ60~70種類程度が分類されています。

身体を動かすレクリエーション

椅子に座りながらボールを蹴る「チェアサッカー」、うちわを使ってふたりで風船を打ち合う「風船うちわラリー100」、椅子に座って片足を上げて文字を書くように足を動かす「足あげ書道」、指導員の動きを鏡で映したように動く「かがみ体操」など、高齢者が無理なく楽しめる運動があります。

頭を使うレクリエーション

ことばあそびやいろいろな種類のパズル、カルタなどのゲームがあります。他にも、地図を見ながら都道府県や県庁所在地を答える「全国ご当地マップ」、ドリルなどを使用して脳を鍛える「脳レク」などで、脳を活性化させてることができます。

両方を使うレクリエーション

レクリエーションのなかには、身体と頭を同時に使うものも多くなっています。例えば、右手・左手の動きとグー・パーの動きを連動させて、途中でその動きを逆転させることで脳が混乱する「連続グー・パー」のようなゲームです。

その他のレクリエーション

上記以外にも、簡単なペーパークラフトやフラワーアレンジメントなどの手先を使う創作活動系レクリエーションや、歌う、楽器を演奏する、音楽を聴くなどの音楽系、季節の行事や誕生会などのイベント系、遠足や散歩などの外出系など、多彩な種類があります。

人にはそれぞれ、得意分野があります。運動が得意という人も、手先を動かして何かを作り出すことが好きな人もいれば、音楽が好きな人もいるでしょう。
レクリエーションの種類が多ければ、自分のやりたいことを進んでできる機会も多くなります。

老人ホーム・介護施設でのレクリエーション

レクリエーションは、その内容によって行われる人数や、そのシチュエーションも異なります。
集団で行うものであれば、他の入居者やスタッフとの交流でコミュニケーションが深くなります。個別に行われるものであれば、身体状態などを気にすることなく没頭してレクリエーションに取り組むことが可能です。
また、レクリエーションの時間以外にも日常的に取り組める、絵を描いて飾る、日常の中で音楽を流すなどといった方法もあります。

中にはレクリエーションをしたくないという利用者・入居者もいます。そのような方は、利用者自身でレクリエーションへの参加を決められることがほとんどです。気分が乗らない、あるいは体調がすぐれない場合などは、無理に参加を求められることはありません。

介護施設や老人ホームにおけるレクリエーションの重要性が注目されるいっぽうで、介護の現場には、基礎からレクリエーションを学んだ経験をもつスタッフは、決して多くありませんでした。
そこで、2014年に「レクリエーション介護士」という資格が制定されました。介護の基礎知識と、レクリエーションを通して高齢者に寄り添う力をあわせ持つ人が取得できるような資格です。
施設を探す際にレクリエーションを重視するのであれば、レクリエーション介護士の有資格者がいるかなど、力の入れ方を確認してみるのもいいかもしれません。

*1 レクリエーションによる日常生活機能及び意欲の変化
*2 個別レクリエーションが高齢者の認知症にもたらす効果

エリアから有料老人ホーム・介護施設を検索する

オアシスナビ×ハートページは、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・特別養護老人ホームなどの検索をはじめ、
デイサービス・訪問介護・居宅介護支援などの全国の介護施設が検索できる介護のポータルサイトです。
施設検索のほかに、介護に関する情報満載の介護マガジン「介護の知恵袋」なども運営しています。
介護についてお困りの方はぜひ一度「オアシスナビ×ハートページ」をご利用ください。

オアシスナビ×ハートページ オアシスナビ×ハートページ