メディカル・リハビリホームグランダ山鼻

北海道札幌市中央区南20条西12-2-27

入居予約受付中
介護付有料老人ホーム 自立 要支援 要介護 認知症入居可
入居時
111.72 万円 ~ 2,200 万円
月額
20.52 万円 ~ 82.84 万円
お電話でのお問い合わせ
このお電話は事業所に繋がります
  • ※営業時間外は、お電話がつながらない場合がございます。
  • ※お電話の際はオアシス介護を見た旨を必ずお伝えください。
  • ※上記電話番号はIP電話・ひかり電話からご利用出来ません。携帯電話・スマートフォンよりご利用ください。
資料請求(無料) 見学予約(無料)

施設のこだわり

特徴1

24時間看護職員を配置し夜間も含めた医療的ケアに対応。機能訓練指導員も概ね合計週40時間配置し、介護・看護・リハビリの面から「ご自分らしい」暮らしをご提案します。

※「メディカル・リハビリホーム」は、ベネッセの有料老人ホームの中で、24時間365日看護職員を配置し、機能訓練指導員(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などの有資格者)を概ね合計週40時間配置したホームです。

特徴2

■365日24時間看護職員を配置。夜間の医療的ケアが必要な方もご相談ください。
看護職員を24時間配置し、ご入居者様のかかりつけ医の指示のもと、夜間のたん吸引や胃ろうなど医療的ケアの対応が可能なホームです。看護職員が専門的な視点を持ってお話をうかがったり、体調の変化を見逃さないようにしながら、かかりつけ医や介護職員と連携し、皆様の日々の健康管理に努め、皆様の快適な日常をサポートいたします。

■機能訓練指導員を配置。お一人おひとりに合わせたリハビリプランをご提案します。
機能訓練指導員がお一人おひとりのお身体の状態を評価し、その方に合わせて、個別リハビリや集団リハビリ、生活リハビリ等のリハビリプランの提案に努めます。介護職員や看護職員とともに、多職種で連携・協力しながらリハビリを行い、皆様の身体機能の維持を図ります。

■ご家族様とのオンライン面会を実施しています
新型コロナウイルスの影響でご来訪が難しいご家族様と、ご入居者様のために、当ホームでは「オンライン面会」を実施しています※。テレビ画面越しに、ご家族様とお話しができるとあって皆様から好評をいただいております。特に、お家族様が遠方にお住まいの方からは、今後も継続してほしいというお声をいただくほど、お役に立てているようです。
※「オンライン面会」の実施については、社会情勢によって変わる可能性がございます。詳細はスタッフまでお問い合わせください。

ご注意事項
入居受入れの可否については、ご入居者様、ご家族様、主治医等とご相談させていただきます。 ホームの状況やご本人様の心身の状態等によっては、入居のお受け入れや継続的なサービス提供 ができない場合もございます。 まずは、ご相談ください。

メディカル・リハビリホームグランダ山鼻 の特色

  • 認知症入居可 認知症入居可
  • 交通便利 交通便利 徒歩10分以内に駅・バス停があります。
  • 24H看護 24H看護 看護師が24時間対応します。
  • リハビリ充実 リハビリ充実 施設内でリハビリを行うことができます
  • 二人部屋有 二人部屋有 ご夫婦や血縁関係者様どうしで一つの部屋に住むことが出来ます。
  • 食事提供 食事提供 お食事の提供サービスがあります
  • ターミナルケア ターミナルケア 終末期ケアのご相談が可能なホームです。
  • 認知症入居可 認知症入居可
  • 交通便利 交通便利 徒歩10分以内に駅・バス停があります。
すべての特色を見る

入居条件

入居条件
■入居時年齢
契約締結時に原則満65歳以上の方 ※満65歳未満の方はご相談ください。
身元保証人
必要
受け入れ介護度 自立 、 要支援1 、 要支援2 、 要介護1 、 要介護2 、 要介護3 、 要介護4 、 要介護5
お電話でのお問い合わせ
このお電話は事業所に繋がります
  • ※営業時間外は、お電話がつながらない場合がございます。
  • ※お電話の際はオアシス介護を見た旨を必ずお伝えください。
  • ※上記電話番号はIP電話・ひかり電話からご利用出来ません。携帯電話・スマートフォンよりご利用ください。
資料請求(無料) 見学予約(無料)

料金プラン

※料金は変更となる事がございます。料金の詳細については必ず各施設にお問い合わせください。
体験入居

体験入居

お一人様
7.70万円

かかる費用

1名あたり 7.70 万円
備考
■体験利用_泊数 6泊7日 ※ホームの状況やお身体の状態によってはお受けできない場合もあります。

入居金型プランa方式A1タイプ(18㎡~18.2㎡)1名利用の場合

入居時
350万円
(非課税)
月額
31.02万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 350 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 31.02 万円
賃料 10.50 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式A1タイプ(18㎡~18.2㎡)1名利用の場合

入居時
680万円
(非課税)
月額
25.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 680 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 25.52 万円
賃料 5 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランb方式A1タイプ(18㎡~18.2㎡)1名利用の場合

入居時
980万円
(非課税)
月額
20.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 980 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 20.52 万円
賃料 0 円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

月額支払型プランA1タイプ(18㎡~18.2㎡)1名利用の場合

入居時
111.72万円
(非課税)
月額
39.14万円
*ご契約時に敷金1,117,200円をお預かりいたします。敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

■月額支払型プランについて
<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 111.72 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 39.14 万円
賃料 18.62 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間
返還金
初期償却
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランa方式A2タイプ(18㎡~20.4㎡)1名利用の場合

入居時
385万円
(非課税)
月額
31.02万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 385 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 31.02 万円
賃料 10.50 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式A2タイプ(18㎡~20.4㎡)1名利用の場合

入居時
715万円
(非課税)
月額
25.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 715 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 25.52 万円
賃料 5 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランb方式A2タイプ(18㎡~20.4㎡)1名利用の場合

入居時
1,015万円
(非課税)
月額
20.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 1,015 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 20.52 万円
賃料 0 円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

月額支払型プランA2タイプ(18㎡~20.4㎡)1名利用の場合

入居時
115.68万円
(非課税)
月額
39.80万円
*ご契約時に敷金1,156,800円をお預かりいたします。敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

■月額支払型プランについて
<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 115.68 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 39.80 万円
賃料 19.28 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間
返還金
初期償却
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランa方式A3タイプ(18㎡~20.4㎡)1名利用の場合

入居時
405万円
(非課税)
月額
31.02万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 405 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 31.02 万円
賃料 10.50 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式A3タイプ(18㎡~20.4㎡)1名利用の場合

入居時
735万円
(非課税)
月額
25.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 735 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 25.52 万円
賃料 5 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランb方式A3タイプ(18㎡~20.4㎡)1名利用の場合

入居時
1,035万円
(非課税)
月額
20.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 1,035 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 20.52 万円
賃料 0 円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

月額支払型プランA3タイプ(18㎡~20.4㎡)1名利用の場合

入居時
117.96万円
(非課税)
月額
40.18万円
*ご契約時に敷金1,179,600円をお預かりいたします。敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

■月額支払型プランについて
<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 117.96 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 40.18 万円
賃料 19.66 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間
返還金
初期償却
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランa方式A4タイプ(18㎡~19.5㎡)1名利用の場合

入居時
420万円
(非課税)
月額
31.02万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 420 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 31.02 万円
賃料 10.50 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式A4タイプ(18㎡~19.5㎡)1名利用の場合

入居時
750万円
(非課税)
月額
25.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 750 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 25.52 万円
賃料 5 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランb方式A4タイプ(18㎡~19.5㎡)1名利用の場合

入居時
1,050万円
(非課税)
月額
20.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 1,050 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 20.52 万円
賃料 0 円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

月額支払型プランA4タイプ(18㎡~19.5㎡)1名利用の場合

入居時
119.70万円
(非課税)
月額
40.47万円
*ご契約時に敷金1,197,000円をお預かりいたします。敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

■月額支払型プランについて
<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 119.70 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 40.47 万円
賃料 19.95 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間
返還金
初期償却
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランa方式A5タイプ(18㎡~18.3㎡)1名利用の場合

入居時
460万円
(非課税)
月額
31.02万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 460 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 31.02 万円
賃料 10.50 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式A5タイプ(18㎡~18.3㎡)1名利用の場合

入居時
790万円
(非課税)
月額
25.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 790 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 25.52 万円
賃料 5 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランb方式A5タイプ(18㎡~18.3㎡)1名利用の場合

入居時
1,090万円
(非課税)
月額
20.52万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 1,090 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 20.52 万円
賃料 0 円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

月額支払型プランA5タイプ(18㎡~18.3㎡)1名利用の場合

入居時
124.26万円
(非課税)
月額
41.23万円
*ご契約時に敷金1,242,600円をお預かりいたします。敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

■月額支払型プランについて
<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 124.26 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 41.23 万円
賃料 20.71 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 8.14 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間
返還金
初期償却
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランa方式B1タイプ(36.3㎡~36.3㎡)1名利用の場合

入居時
860万円
(非課税)
月額
49.45万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 860 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 49.45 万円
賃料 22 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 15.07 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランa方式B1タイプ(36.3㎡~36.3㎡)2名利用の場合

入居時
860万円
(非課税)
月額
63.04万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 860 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 63.04 万円
賃料 22 万円 (非課税)
食費 5.84 万円 (税込み)
管理・運営費 16.28 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 18.92 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式B1タイプ(36.3㎡~36.3㎡)1名利用の場合

入居時
1,580万円
(非課税)
月額
37.45万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 1,580 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 37.45 万円
賃料 10 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 15.07 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式B1タイプ(36.3㎡~36.3㎡)2名利用の場合

入居時
1,580万円
(非課税)
月額
51.04万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 1,580 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 51.04 万円
賃料 10 万円 (非課税)
食費 5.84 万円 (税込み)
管理・運営費 16.28 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 18.92 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランb方式B1タイプ(36.3㎡~36.3㎡)1名利用の場合

入居時
2,180万円
(非課税)
月額
27.45万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 2,180 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 27.45 万円
賃料 0 円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 15.07 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランb方式B1タイプ(36.3㎡~36.3㎡)2名利用の場合

入居時
2,180万円
(非課税)
月額
41.04万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 2,180 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 41.04 万円
賃料 0 円 (非課税)
食費 5.84 万円 (税込み)
管理・運営費 16.28 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 18.92 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

月額支払型プランB1タイプ(36.3㎡~36.3㎡)1名利用の場合

入居時
248.52万円
(非課税)
月額
68.87万円
*ご契約時に敷金2,485,200円をお預かりいたします。敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

■月額支払型プランについて
<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 248.52 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 68.87 万円
賃料 41.42 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 15.07 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間
返還金
初期償却
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

月額支払型プランB1タイプ(36.3㎡~36.3㎡)2名利用の場合

入居時
248.52万円
(非課税)
月額
82.46万円
*ご契約時に敷金2,485,200円をお預かりいたします。敷金は契約終了時に全額返還いたしますが、原状回復費用や月額利用料のほか各種利用料の債務がある場合は、その額を差し引いた上でその残額を返還いたします。

■月額支払型プランについて
<月額支払型プランについて>入居金がなく、毎月の費用をお支払いいただく契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 248.52 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 82.46 万円
賃料 41.42 万円 (非課税)
食費 5.84 万円 (税込み)
管理・運営費 16.28 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 18.92 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間
返還金
初期償却
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランa方式B2タイプ(36㎡~36.3㎡)1名利用の場合

入居時
880万円
(非課税)
月額
49.45万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 880 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 49.45 万円
賃料 22 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 15.07 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プランa方式B2タイプ(36㎡~36.3㎡)2名利用の場合

入居時
880万円
(非課税)
月額
63.04万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 880 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 63.04 万円
賃料 22 万円 (非課税)
食費 5.84 万円 (税込み)
管理・運営費 16.28 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 18.92 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式B2タイプ(36㎡~36.3㎡)1名利用の場合

入居時
1,600万円
(非課税)
月額
37.45万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 1,600 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 37.45 万円
賃料 10 万円 (非課税)
食費 2.92 万円 (税込み)
管理・運営費 15.07 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 9.46 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -

入居金型プラン基本方式B2タイプ(36㎡~36.3㎡)2名利用の場合

入居時
1,600万円
(非課税)
月額
51.04万円
※標準入居金(入居時満年齢75歳以上の方)について…入居金は、居室および共用施設の家賃相当額の一部、または全部に充当されるものです。5年以内にご退居された場合、ご入居の期間に応じて入居金の一部は返還します。(入居金はご契約時に3割を償却し、残り7割を5年(60ヶ月)均等で償却します。)
※75歳未満の方は、上記の標準入居金とは異なりますので別途ご提示させていただきます。

■入居金型プランについて
<入居金型プランについて>入居金を支払っていただくことで、毎月の利用料負担が少なくなる契約方法です。

■更新月
・記載情報・料金は、2022年4月現在のものです。

・当ホームは医療機関ではありませんので、入院加療が必要になった場合は医療機関での治療が必要となります。
・ご入居者個人のおむつ代、医療費、嗜好品購入費等は上記料金に含まれていません。
・入居金、敷金、家賃相当額、介護保険自己負担分は非課税です。

入居に掛かる費用

入居一時金 1,600 万円 (非課税)
備考 -

月額費用

合計 51.04 万円
賃料 10 万円 (非課税)
食費 5.84 万円 (税込み)
管理・運営費 16.28 万円 (税込み)
介護上乗せ金(生活サービス) 18.92 万円 (税込み)
水道光熱費(共用部分) -
水道光熱費(居室部分) -
備考
介護保険負担分_要支援1_1割負担の場合(7507円)
介護保険負担分_要支援2_1割負担の場合(1万1824円)
介護保険負担分_要介護1_1割負担の場合(2万290円)
介護保険負担分_要介護2_1割負担の場合(2万2498円)
介護保険負担分_要介護3_1割負担の場合(2万4840円)
介護保険負担分_要介護4_1割負担の場合(2万6982円)
介護保険負担分_要介護5_1割負担の場合(2万9291円)


■上乗せ介護費用について
<上乗せ介護費用について>当ホームでは介護保険給付基準を上回る、要支援者および要介護者2名に対し、常勤換算1名以上の職員体制(週40時間換算)をとっているほか、看護職員を24時間配置しています。この基準を上回る手厚い人員体制分の料金として算出した上乗せ介護費用を頂戴しております。なお、看護職員(看護師または准看護師)を常勤換算(週40時間換算)で2名配置(満床時)。夜間帯(22時~翌6時)最少時の体制は看護職員1名、介護職員2名(満床時)を配置しております(人数はシフト数を記載)。職員体制は、見直しなどにより変更する場合がございます。

■介護度に応じた注意事項
●自立の方・入居中に自立となった方の場合の月額利用料は、「家賃相当額」「食材費」「管理費」のほか、自立者生活支援費用として1名あたり、月額106,000円(税込116,600円)を加算した金額となります。

■介護保険自己負担額について
●月額利用料のほか、介護保険自己負担分が毎月かかります。(1ヶ月を30日として算出/1名あたり)
・上記の「介護保険自己負担分」の表は、「夜間看護体制加算」「医療機関連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅰ)(12単位/日)」「生活機能向上連携加算(Ⅱ)(100単位/月)」「介護職員処遇改善加算」「サービス提供体制強化加算(Ⅰ)(22単位/日)」「入居継続支援加算(Ⅰ)(36単位/日)」「口腔衛生管理体制加算」「介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)」「ADL維持等加算(Ⅱ)(60単位/月)」「科学的介護推進体制加算」を含めた1割負担額(目安)を表示しております。
・要支援の方は「夜間看護体制加算」「入居継続支援加算」「ADL維持等加算」の適用はございません。
・要介護の方は「入居継続支援加算」を算定する場合、「サービス提供体制強化加算」は算定できないため上記金額にも含まれておりません。
・「看取り介護加算」「退院・退所時連携加算」「個別機能訓練加算(Ⅱ)」「口腔・栄養スクリーニング加算」については、法令に定められた条件を満たした場合、上記の自己負担分の料金に加え算定することがございます。
実際の自己負担額と異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
・自己負担割合が2割の場合の自己負担額は、1割の場合の概ね2倍の金額に、3割の場合は、1割の場合の概ね3倍の金額になります。
・自己負担割合は介護保険の『負担割合証』でご確認ください。

■食費備考
食材費は、1日3食を30日提供の場合です。食材費は軽減税率の対象とし、1食につき640円以下(税抜)の場合は、消費税率8%に基づいて記載しています。

■管理・運営費備考
・管理費には、施設の維持・管理費、水光熱費、厨房運営費および施設運営管理に関わる人件費等が含まれます。

返還金制度

償却期間 60ヶ月
返還金
初期償却 30%
備考

                                                                                                                                    

年間参考価格

年間参考価格 -
備考 -
次年度費参考価格 -
備考 -

別途費用(月額)

入居者様平均 -
備考 -