title

良い老人ホームの共通点6 良い老人ホームの共通点6

【良い老人ホームの共通点2】 入居者の満足度が高い

入居者の満足度が高い 当然とも言えますが、良い老人ホームは暮らしている入居者自身が「ここに入居できてよかった」、「ここを見つけられて良かった」と満足しています。
満足度が高い入居者は、心にゆとりがあります。心にゆとりがあれば、笑顔が浮かび、周囲への感謝や気遣いの言葉が、自然と出てきます。それがまたホームの雰囲気を明るいものに変えていきます。
そして入居者に、日々「ありがとう」と感謝されていると、働くスタッフの心も豊かになり、介護の質の向上にもつながります。この好循環が起こっているのが健全な老人ホームと言えるでしょう。

宿泊施設や飲食店では、よく利用者の満足度をはかり改善するために、利用者にアンケートをとっています。感想を5段階評価などで記してもらい、良かった点や悪かった点を教えてもらうものです。またスーパーなどでも、お客様の声を記入してもらうアンケートボックスを設置し、その声への対応を掲示しているのはよく見る光景です。

老人ホームでも、同様に、ご意見箱などを設置し、入居者や家族の要望を吸い上げ、その声にこたえていこう、という取組をしているホームもあります。もちろん、意見を吸い上げるだけで何の行動もしないのでは意味がありません。きちんとその声に応える行動をしているかどうかが重要です。

入居者の満足度の高さは、どこで判断する?

入居者の満足度の高さは、どこで判断する? 一番簡単な方法は、見学の際などに、既に入居している人やその家族に、「この老人ホームでの暮らしはどうですか?」と、ズバリ聞いてみることです。入居者には、おしゃべりしたい人も多いですから、時間があって話せる雰囲気であれば、きっといろいろ教えてくれるでしょう。
また、不満がある場合は、「食事がまずいのよ」、「スタッフが愛想が悪くてね」など、詳細を教えてくれるはず。
ただ、見学の時間内には、なかなかそのチャンスがないかもしれません。より時間のある体験入居の時に聞くのが一番おすすめです。

また、どうせ聞くのであれば、1人ではなく2人・3人の意見を。また、長く入居されている人の方が良いでしょう。老人ホームは暮らしの場です。長く暮らしていれば、必ず多少のトラブルは起こり、不満も出ます。トラブルが起こったときこそ、ホームの本質があらわれます。それらの経緯を知っている以前からの入居者だと、より深い話が聞けるでしょう。

また、満足度の高い老人ホームでは、入居者の家族や友人など、身近な人に口コミが広がり兄弟そろって入居、友人も入居などというケースがあります。誰か1人が先に入居していて、そこに遊びに来たり様子を見る中で、他の人も入居するようになったというケースが多いので、そんな事例があれば、最も信頼度の高い口コミとも言えます。

他にも、満足度の高さや評判を知るには、地域の声に耳を傾けて。地域の人が集まる介護教室や、介護の家族会などに参加してみるのも良いでしょう。
地域の口コミで言うと、良いホーム以上に、悪いホームというのもうわさが広がりやすいものです。誤った選択をしないために、評判の良いホーム・評判の悪いホーム、両方の情報収集をしておくと良いでしょう。

入居者の満足度の高さを見極めるポイント

  • ●入居者や家族の満足度を高める工夫をしているか?その意見にきちんと対応しているか?
  • ●入居者にホームの感想を聞いたときの回答は?
  • ●先に入居した家族や友人の様子を見て、後から入居したような事例があるか?
  • ●地域での評判、口コミはどうか?

※老人ホームを見学するなら、「ホーム見学の流れと注意点」ページもチェック!

編集部が取材しました!入居者の満足度が高いホーム

らぽーる上尾<介護付き有料老人ホーム>

らぽーる上尾
家族でリピーターになることも多いホーム
設立して6年。定員140人の大規模な介護付き有料老人ホーム。今までクレームや想像と違うなどの理由での退去例は皆無!ホームのあちこちにアンケート箱が設置され、家族からのアンケートや手紙を職員で共有。入居者のために常に改善を続ける姿勢が伝わってくるホームです。続きを読む

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム<介護付き有料老人ホーム>

舞浜倶楽部 新浦安フォーラム
人格の尊厳を守り質の高いケアを行う老人ホーム
福祉大国スウェーデン式のケアを取り入れるほか、さまざまな工夫を行っている介護付き有料老人ホーム。入居者さんに入居の経緯やホームの満足度を聞いてみました。ウィットに飛んだ、意外な本音が飛び出します!続きを読む

都道府県から老人ホームを探す