l='+l:'';j.async=true;j.src='//www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);})(window,document,'script','dataLayer','GTM-T4MMGH');
title

老人ホームを探す時、考えておくべき7つの条件 老人ホームを探す時、考えておくべき7つの条件

【考えておくべき条件5】 どんな介護を受けたいのかを考える

医療 老人ホームでは、必要に応じて入浴、排泄、着替え、移動、食事などの介助を受けながら生活します。入居している老人ホームのスタッフが行うケースと外部の事業者と契約してサービスを受けるケースがあります。ただ、どちらの場合でも介護サービスそのものは大きくは変わりません。

・・・というと、介護サービスはどこでも同じ、と思われるかもしれませんね。
確かに基本となる介護の技術は大きくは変わりません。しかし、それを行うのは人です。何を大切にしながら介護をするかは、その事業者よって異なります。

たとえば飲食店に例えるとわかりやすいでしょう。食事の提供を受ける場所、という点はどの飲食店も同じです。しかし、味を重視しサービスは二の次の飲食店もあれば、サービスや雰囲気にこだわったレストランもあります。また、回転率を重視し利益を最優先する飲食店もあります。

介護サービスも同様で、何を重視しているかで、介護の方法や接し方はさまざま。それぞれの老人ホームが独自のこだわりを持って運営しています。

介護を考えるときに注意することは?

介護を考えるときに注意することは? 特別なサービスや、強いこだわりがある場合は、ホームページやパンフレットでその内容を明記しているところがほとんどです。しっかりチェックしましょう。

スケジュール一つとってみても、「起床、食事、入浴、排泄、就寝…」と、老人ホーム側が決めたスケジュールに合わせて行動してもらうホームがある一方で、入居者が自分のペースで好きな時に食事や入浴ができるホームもあります。
現在では、入居者の個性を尊重し、一人ひとりにあわせた個別ケアをする老人ホームが増える傾向にありますが、体験入居などをしてみると一番実態がわかるでしょう。

また、特定の分野に強い老人ホームも増えています。どんなケアをして欲しいかを考え、それにあった老人ホームを選ぶのも賢い選択と言えます。

老人ホームの介護の傾向

老人ホームの医療の傾向 さまざまな老人ホームが増える中で、独自の特色を打ち出すホームも増えています。

たとえば、
●認知症ケアに力を入れ、認知症ケアの資格取得を推進したり、研修などを行う老人ホーム

●それぞれの入居者に担当の介護スタッフを決めて信頼関係を築くことを重視する老人ホーム

●国家資格である“介護福祉士”(ホームヘルパーより上の資格)の所有者を増やし、質の高い介護サービスを行うようにしている老人ホーム

●介護はサービス業だと考え、スタッフのマナー教育に力を入れている老人ホーム

●暮らしの中に自然なリハビリを取り入れ、元気な状態を保てるよう考えている老人ホーム

●月額費用をおさえて多くの人が入れることを重視し、効率的に業務を行う老人ホーム

インターネットやパンフレットで、それぞれの老人ホームの特徴をしっかりと調べ、考え方や求めるケアに合う場所を選びましょう。

なお、最近増えている住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の場合は注意が必要です。
これらの形態では、実際に介護サービスを提供するのは、老人ホームではなく、別途契約する介護サービスの事業者。在宅介護同様に、自分の住む家(老人ホーム内の居室)に対して、訪問介護を受ける形になります。

在宅介護と同じですから、訪問介護の事業者は、自分で自由に選ぶことができます。しかし実際には、入居している老人ホームと同じ建物内・敷地内に訪問介護の事業所がある場合が多く、その事業所と契約するケースが多くなります。
実際、老人ホーム側からもそれをすすめられるケースが多いですし、入居者にしても毎日顔をあわせる気心の知れた相手。当然と言えます。

訪問介護の事業所が老人ホームと同じ敷地内にある場合は、ホーム長が、訪問介護事業所の責任者を兼任していることが多い傾向にあります。その場合、介護への考え方は老人ホームと似ているのでわかりやすいでしょう。しかし、訪問介護事業者が全く別会社になっている場合は、しっかりと確認する必要があります。
老人ホームのホーム長に対して、訪問介護サービスの内容・特徴について確認するとともに、介護サービスの事業者側にも直接会って確認することをお勧めします。

介護の条件を整理するには…

  • ●どんな介護を受けたいのか考えてみる
  • ●気になる老人ホームを調べ、介護にどんな特徴があるか確認する
  • ●特にこだわった介護を受けたいのであれば、その特徴のある老人ホームを探してみる
  • ●介護サービスを訪問介護事業所から受ける場合、そのサービスの内容や特徴をしっかり確認する

※※老人ホームの種類ごとの介護や生活サービスの概要は、「老人ホームの基礎知識 施設の種類を知る」ページもご参考に。

老人ホームを探す時、考えておくべき7つの条件

編集部が取材しました!介護に特徴のあるホーム

アルプスの杜 かみみぞ<介護付き有料老人ホーム>

アルプスの杜 かみみぞ
「あきらめない介護」を実践する介護付き有料
たとえ入居の時点でオムツをしていても、できるだけトイレで排泄できるようオムツ外しにチャレンジ。スタッフが尿意・便意のタイミングを事前に察知して、トイレに誘導します。入居者に排泄の成功体験を積んでもらい、自信につなげる介護を実践しています。 続きを読む

未来倶楽部三郷弐番館<介護付き有料老人ホーム>

未来倶楽部三郷弐番館
寝たきりにならないための心と身体のサポート
骨折などの怪我や脳梗塞などの疾患で入院した方が、退院後に必要なリハビリもできる施設としてできた介護付き有料老人ホーム。機能訓練士が常駐し、日々の生活がリハビリになるようケアマネジャーと連携しながら取り組んでいます。 続きを読む

グループホーム泉<介護付き有料老人ホーム>

グループホーム泉
園芸療法を取り入れた認知症ケアをするグループホーム
木下の介護による認知症対応型共同生活介護施設。小規模な園芸を行っている所は多数あれど、ここは本格的。約150㎡の広大な畑があります。スタッフと入居者がともに畑で身体を動かし、植物の成長を喜び、収穫しておいしく味わう。そんなグループホームです。 続きを読む

老人ホームを探す時、考えておくべき7つの条件

都道府県から老人ホームを探す