title

老人ホームを探す時、考えておくべき7つの条件 老人ホームを探す時、考えておくべき7つの条件

【考えておくべき条件3】 将来を見据えて住み替えの検討も必要

住み替え 今後も、状況に応じて住み替えをするのか、それとも終の棲家にするのか?この考え方で老人ホーム選びは大きく変わります。

年をとってから引っ越しをするのは、精神的にも肉体的にも、また金銭的にも負担になります。また、いつかは出なくてはならないという気持ちを抱えながら暮らし続けるのは、ストレスにもなります。最期の瞬間まで暮らせる、終の棲家として老人ホームを探す方が多いでしょう。

しかし、老人ホームによって入居の条件はさまざま。健康な人しか入れないホームもあれば、介護が必要になった人しか入れないホームもあります。
また、医療面でのケアが必要になり、そのホームでは対応ができなかったり、認知症で他の入居者に迷惑をかけるようになり退去を余儀なくされてしまう場合も。
入居の条件・退去の条件を理解した上で、老人ホームを選ぶことが重要です。

住み替えを考えるときに注意することは?

老人ホームに入ってから、住み替えをするパターンとしては、以下が考えられます。

●状況の変化に応じて自主的に住み替える
●退去が必要になりやむをえず住み替える

それぞれの例を見てみましょう。

自主的に住み替えるケース 1

一戸建てで、夫婦2人暮らし

夫婦でアクティブに暮らせる都会の「住宅型有料老人ホーム」へ

夫が他界。妻も要介護度が上がり外出が困難に。1人で暮らすのはさびしいと、娘の暮らす郊外の「介護付き有料老人ホーム」へ

自主的に住み替えるケース 2

一戸建てで、夫婦2人暮らし

夫婦が、それぞれ1室ずつ借りて「介護付き有料老人ホーム」へ

夫が他界。妻だけが暮らしていたが、入所待ちをしていた「特別養護老人ホーム」に空きが出て住み替え

やむをえず住み替える場合

一般的な賃貸マンションで、1人暮らし

もしものときにすぐ気付いてもらえる「サービス付き高齢者向け住宅」へ

以前から糖尿病でインシュリンを自己注射していたが、片麻痺になり自己注射ができなくなった。24時間看護師が常駐し、注射もしてもらえる「介護付き有料老人ホーム」へ


上記はあくまで例ですが、このように、状況によって住まいは変わっていきます。
現在の生活状況だけでなく、10年、20年先、夫婦であればどちらかが亡くなった時のケースを想定してみましょう。
現在どんなに健康だったとしても、死を迎える直前になると、多くの人がなんらかのケアが必要になります。どこまでのケアに対応できる老人ホームなのか、対応できなくなった場合、どんな選択肢を用意してもらえるのかは、必ず事前に確認しておきましょう。

老人ホームの住み替えの傾向

老人ホームの住み替えの傾向 複数の老人ホームを運営する事業者であれば、入居しているホームでそのまま暮らし続けられなくなった時に、より条件に合うホームへ移動できるよう提案してくれる場合があります。
その場合、入居金や月額費用についても優遇されるケースが多く、新たに別の老人ホームと契約するよりも手続きも引っ越しもスムーズ。

また、大型の老人ホームだと、健康な人向けの「シニア棟」と、介護が必要な人向けの「介護棟」に分かれたところもあります。介護が必要になった場合は、同じ敷地内ですぐに引っ越しができ、慣れた場所で住み続けることができます。

そのほか、特養やグループホームなどの施設に入るための空き待ちという感覚で、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などを利用する人も増えています。入居金が多額な場合は難しかったのですが、入居金が安いプランも出ている今は、そのような利用も可能。選択肢が増えてきているといえるでしょう。

住み替えの条件を整理するには…

  • ●状況によって住み替えるのか、同じところに最期まで住み続けたいのかを考える
  • ●住み替えする前提の場合、どのタイミングでどう住み替えるのか考える
  • ●最期まで住み続けたい場合、退去の条件や、退去が必要になったときの選択肢を老人ホームに確認する

※老人ホームの種類ごとの入居・退去条件や概要は、「老人ホームの基礎知識 施設の種類を知る」ページもご参考に。

老人ホームを探す時、考えておくべき7つの条件

編集部が取材しました!将来的に、住み替えのしやすいホーム

ウエルガーデン エミナース春日部<介護付き有料老人ホーム>

ウエルガーデン エミナース春日部
特養や介護付き有料老人ホームも運営
サービス付き高齢者向け住宅「ウエルガーデン エミナース春日部」は社会福祉法人が運営。他にも、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームを運営しており、重度になった場合の住み替えもスムーズに行えるそうです。その理由をじっくりご紹介します。続きを読む

リレ府中白糸台<介護付き有料老人ホーム>

リレ府中白糸台
グループ内で移動のしやすいサービス付き高齢者向け住宅
関東・関西圏を中心に266施設の有料老人ホームを運営し、居宅介護や訪問介護に携わっているベネッセスタイルケアが初めて手がけたサ高住。将来、より手厚い介護が必要になった場合には近隣の有料老人ホームの紹介などを行ってくれます。続きを読む

グランクレール青葉台二丁目シニアレジデンス<介護付き有料老人ホーム>

グランクレール青葉台二丁目シニアレジデンス
アクティブにも、穏やかにも暮らせるサービス付き高齢者向け住宅
「シニアレジデンス」と「ケアレジデンス」というタイプの異なる住宅を、隣接してあわせもつホーム。夫婦で入居するケースも少なくないそうで、「シニア」と「ケア」に分かれて契約したり、「シニア」で契約してから「ケア」に移動することもあるとか。続きを読む

ライフコミューン川崎<介護付き有料老人ホーム>

ライフコミューン川崎
介護の必要状況に応じて、建物内でフロア移動が可能
元気な人が入居する「タイムレスフロア」と介護が必要な人向けの「介護フロア」に分かれ、合計で定員217名の大規模な有料老人ホーム。フロアを移動する際には、追加の入居金がかからず、月額費用も変わらずに移動できます。続きを読む

老人ホームを探す時、考えておくべき7つの条件

都道府県から老人ホームを探す