有料老人ホーム 介護施設の種類

有料老人ホーム 介護施設の費用

目的・条件に合う老人ホームを探す

良い老人ホームの共通点

入居までの流れを知る

失敗しない施設選びのヒント

老人ホームの悩み・疑問

老人ホームの基礎知識

介護保険を解説

介護士や看護師だけじゃない!老人ホームにはどんな専門職がいる?

老人ホームのスタッフ

老人ホームを探す際は、立地や料金、サービス内容など、さまざまな条件を照らし合わせて検討することでしょう。そのときに、どんな専門職が働いているのかを確認すれば、より希望に近い施設を見つけることができるかもしれません。
ここでは、老人ホームのスタッフの職種について解説します。

老人ホームで働くスタッフの職種は?

老人ホームで働くのは介護職員や看護師だけではありません。理学療法士、作業療法士、生活相談員など、さまざまな専門職が配置されている施設もあります。これらの職種は聞いたことはあっても、実際はどのような仕事をする人なのかよく分からない人も多いのではないでしょうか。
それぞれの専門職にはどんな役割があるのか、職種別に紹介していきます。

管理者・施設長

管理者・施設長は、各老人ホームによって「施設長」や「ホーム長」などと呼び名はそれぞれに違いますが、役割は同じでその老人ホームの責任者です。
管理者は施設の統括、マネジメントを行い施設全体を仕切る人です。普段は、施設長室や事務室などで仕事をしたり、各分野の研修に出たりしているため、利用者やその家族と会う機会はそう多くないかもしれません。

しかし、良くも悪くも施設はトップである管理者の色に染まります。なぜなら、施設の方針や働く職員の選出、職員の教育は管理者次第だからです。そのため、管理者である施設長の雰囲気こそが施設の雰囲気といっても過言ではないでしょう。

介護職員

老人ホーム内で、利用者や家族にとって一番身近な存在となるのが介護職員でしょう。介護職員は、利用者の日常生活のお世話をします。
仕事の内容は、利用者の要介護度に合わせた入浴や食事、着替えや移乗などの介助を行う身体介護だけではありません。利用者の不安な気持ちを受けとめて話を聴いたり、リハビリテーションを目的としたレクリエーションを行ったりもします。また、老人ホームでの生活がより豊かなものになるように季節ごとのイベントを開催したり、趣味活動の手伝いをしたりもします。

老人ホームではケアプランに沿った介護を行い、利用者の自立を促します。ケアプラン通りの介護を行い、自立に向けてのケアを提供できているかを確認するのも介護職員の仕事です。
その他、ケアプランの内容も含め、利用者の日々の様子を家族に報告したり、家族から利用者の性格を聞いたりの情報交換も欠かせません。利用者や家族とのコミュニケーションを大切にして、信頼関係を築きます。

看護職員

老人ホームには、利用者の健康管理を行うために看護師が配置されていることがあります。看護師は、毎日の健康(血圧・体温)チェック、薬の管理、胃ろうやインスリン注射などの医療処置を行います。
体調不良を訴えた利用者に対して適切な処置を行ったり、場合によっては嘱託医に連絡し受診の手続きを取ったりするのも看護師の仕事です。

また、介護職員と連携し、利用者の自立に向けたケアを医療面から支援します。たとえば、嚥下機能の低下が著しい利用者の食事形態の変更を指示したり、褥瘡(床ずれ)予防のために体位交換の回数を検討するなど、利用者の生活改善を目指します。
介護職員は、医療行為を行うことができません。そのため、医療ケアを必要とする人が老人ホームを探す場合は、その施設に看護師の配置があるかどうかの確認も必要といえるでしょう。

理学療法士

理学療法士は、医師の指示の下に理学療法を行う人をいいます。理学療法とは、病気や怪我、加齢などにより運動機能が低下した人に対して、体操やマッサージ、電気療法、光線などを用いて医学的リハビリテーションの指導や助言を行う治療法です。
理学療法は、座ったり、立ったり、歩いたりのような基本動作能力の回復や維持のほか、障害の悪化を予防することを目的としています。

たとえば、運動麻痺のある手や足は動かさないでいると徐々にこわばり、筋力も低下してしまいます。動きにくくなった手や足は日常生活動作の支障となるため、電気刺激装置を利用して麻痺の回復を図ったり、リハビリテーションを通じて関節可動域を広げたりすることが必要です。
このような運動機能に直接アプローチする治療法以外に、ベッドから起き上がる動作の練習をしたり、歩行練習をしたりの動作改善を目指すための訓練もあります。
理学療法士は、運動機能への治療や機能訓練を行うことで、日常生活の自立を目指します。

作業療法士

ここでいう「作業」とは、生きていくうえでの全ての動作をいいます。家事や仕事、余暇活動などはもちろん、食事や排泄、入浴などのセルフケアも「作業」に入ります。
これらの作業は人が社会と結び付くために必要なもので、自立した生活をするうえでとても重要な役割を担っています。この「作業」を自分でできるよう支援するのが作業療法士です。

病気や怪我などによって、思うように日常生活を送れなくなった人に対しては、自立した生活行為を目指したリハビリテーションを行います。たとえば、自分でトイレに行く練習をしたり、食事を食べる練習をしたりすることが挙げられるでしょう。病気や怪我の具合が安定した人に対しては、靴の脱ぎ履きや衣服の着替えなど、より具体的な作業の練習を行います。
病気や怪我による後遺症があったとしても、その人に合った方法で自立した日常を送れるよう支援するのが作業療法士の仕事です。

言語聴覚士

人が相手に言葉を使って物事を聞いたり伝えたりするときは、「言葉や文字を理解する」「声を出す」「聞く」の3つが必要です。
しかし、病気や怪我による後遺症や老化などさまざまな原因によって、言葉のコミュニケーションに問題を抱える人もいます。そのような人を対象に、検査や指導、訓練などの支援を行うのが言語聴覚士です。

また、「聴こえ」に問題がある人に対しては、必要に応じて人工内耳の調整にも対応します。さらに、言語聴覚士は医師や歯科医師の指導の下、食事をする際、上手にかめなかったり飲み込めない人に対しての嚥下訓練も行います。

生活相談員

生活相談員は、老人ホーム入居時の面接や契約の手続きのほか、利用者や家族からの相談に対応します。
たとえば、施設の生活で困っていることのほか、スタッフへのクレームがあった場合には、直接本人に伝えにくいこともあるでしょう。そのようなときは、生活相談員に相談してみるのも1つの方法です。生活相談員が、スタッフと利用者や家族の間に立ち、調整をしてくれることもあります。
その名の通り、生活相談員はさまざまな相談に乗ってくれるので、困ったことがあったら声を掛けてみることをおすすめします。

ケアマネジャー

ケアマネジャーは、介護プランを作成して利用者一人ひとりの生活に必要な介護保険サービスの調整を行う役割をもちます。
在宅生活で介護保険サービスを利用する際は、居宅ケアマネジャーがケアプランを作成しますが、老人ホームの入居が決まったらその施設のケアマネが担当となります。ケアマネジャーの仕事内容は、居宅も施設もほぼ同じです。

施設内ではケアプランに沿ったケアを実施できるよう、ケアマネジャーをはじめ介護職員や看護師、生活相談員などが定期的に集まり、ケアカンファレンスを行います。利用者本人はもちろん家族の意向もケアプランに反映されます。
そのため、利用者本人や家族の具体的な希望がある場合はケアマネジャーに伝えるとよいでしょう。「リハビリをもっとやって欲しい」「食事をたくさん食べてもらいたい」などと、介護方法で気になる点や運動機能面で改善したい点があれば、ケアプランは利用者の状況に合わせてその都度見直されます。

まとめ

老人ホームを探すときには、その施設にどのような職種のスタッフが配置されているかの確認をしておくと安心です。
たとえば、生活する上で医療行為が必要な人は看護師がいる施設を探すべきでしょう。また、特殊なリハビリを希望する場合は、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが配置され、希望に合ったリハビリテーションを行ってくれる施設を選択した方がよいといえます。

老人ホームにはほかにも、入居者の食事や栄養面の管理をする調理師や栄養士・管理栄養士、事務作業を行う事務員などがいます。
気になる施設があったら、どのような職種の人が働いているのかを確認してみましょう。

エリアから有料老人ホーム・介護施設を検索する

オアシスナビ×ハートページは、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・特別養護老人ホームなどの検索をはじめ、
デイサービス・訪問介護・居宅介護支援などの全国の介護施設が検索できる介護のポータルサイトです。
施設検索のほかに、介護に関する情報満載の介護マガジン「介護の知恵袋」なども運営しています。
介護についてお困りの方はぜひ一度「オアシスナビ×ハートページ」をご利用ください。

オアシスナビ×ハートページ オアシスナビ×ハートページ